探偵事務所の日々の仕事内容を徹底解剖

意外と知らない探偵の具体的な仕事内容を暴いていこう

>

探偵のテクニック

依頼内容に基づく尾行や張り込み

探偵の仕事に必要不可欠とも言える調査方法の尾行と張り込みについて説明していきます。

尾行はばれないように後を追い、対象者の行動を探る調査です。
もちろん対象者は決まった行動はとってはくれませんので、臨機応変な対応が求められます。
また、対象者が車やバイク、自転車などに乗っていた場合は探偵も乗り物に乗った尾行となりますが、徒歩の時よりも高度なテクニックが必要とされるのです。

張り込みの場合は、対象者が建物などに入った時にそこから出てくるまでじっと張り込む調査です。
出てくる時間はわからないことが多いので、長時間の場合も当然あり、忍耐力が必要となります。
あまりに長い場合は、複数の調査員で交代で行うケースもあります。

聞き込み調査など

聞き込み調査は慎重に行わなければいけません。
調査内容にもよりますが、聞き込みをする相手に気付かれてはいけない場合がほとんどですので、ばれないように必要な情報を聞き出します。

また、いきなり話しかけられ、いろいろな質問をされても不審がられて話してくれませんので、まずは信用してもらうことから始めなくてはいけません。
こちらの素性を明かせない場合においては、さり気なく聞いて、話してもらえるまでの関係性を築かなくてならず、大分遠回りしなくてはいけないので、時間と工夫が必要です。
聞き出した後は、対象者にばれないように口止めすることも忘れてはいけません。

他に、写真や動画を鮮明に残すためのテクニックや、インターネットで情報を得るための知識なども探偵のお仕事には大切なこととなります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる